歯科

の世界

歯科衛生士と歯科助手の違いって?

歯科には、衛生士と助手がいます。衛生士は国家資格により医療補助行為を認められた職業ですが、助手は民間の認定資格でしかないため医療行為に携わることは認められていません。衛生士は医療行為に関わる知識や技術を有していることを認められた存在であるというのに対して、助手は医療よりも医院の運営を目的とした医師のサポートが役割であるため、受付などの業務を行う事がほとんです。
まれに医療現場に関わることも有りますが、歯の型を取るような初歩的なことが認められているぐらいで、患者の口の中に手を入れる行為はできません。
一方、衛生士は医師の監督のもとで歯石の除去やフッ素の塗布、ブラッシングの指導や歯の詰め物の研磨などができます。
医院によっては服装によって明確に区別している場合もありますが、そうでないケースも多く、見た面は区別がつきにくいことがほとんどです。

歯科選びのポイント

虫歯になってしまいますと、自然治癒はできません。ですから、歯科医院には必ず通う時が来るでしょう。
できれば定期的に通うことが求められますので、歯科医院はある程度通いやすいところにするというのも一つの方法です。
しかし、永久歯に何かあってしまいますと、それはとても大変なことですので、信頼できる腕の良い歯科医を探すことも大事です。
また、予約が取りやすいか、股されることはないか、口コミ評判といった項目についてもリサーチをしてみる価値はあるでしょう。
比較的若い医師の方が最新の医療方法を取り入れていたいりしますし、レントゲンやそのほかのマシンについてもレーザーがつかえたりと、新しい施術ができますので、そういったことも考慮してみましょう。

リンク案内